クレジットカードの換金は簡単に言うと『カードで購入した商品を買取店に売る』というやり方になります。

方法は難しくはないと思いますが、何を購入してどこへ売るかによってカード会社に見つかる可能性があります。
カード会社に現金化を疑われた時点で、カードの利用が一時的に停止になりますし、その疑いを晴らすことが出来なかった場合は、他のペナルティも発生するそうです。

現金化が出来ない、カードも利用出来ない、ペナルティもつく。
では、急な出費以上の難しい状況ですから、カード会社に見つかるリスク回避は優先的に行っていった方がいいですよ。

ただ、カード会社は現金化を行わせないように監視を強化していると言われています。
換金率の高い商品を購入すると、高確率でカード会社の監視に引っ掛かるそうですから、個人での現金化は難しいと言えるでしょう。

そこで、頼りになるのが現金化の業者です。
現金化業者を利用すれば、カード会社に見つかるリスク回避をしやすくなるのでスムーズに現金化を行っていきやすくなるそうですよ。


とは言っても、どこの現金化業者を利用してもいいとは言えません。
現金化に限った話ではないのですが、どこの業界にも悪徳業者と呼ばれる所は存在します。

そういった所を利用してしまうと、当たり前ですが損をすることになります。
手数料を多く支払わなければいけなかったり、現金が振り込まれないということもあります。

悪徳業者を利用しないで済むように、信頼出来る優良業者を見極めていく必要があります。

優良業者を利用出来れば、カード会社に見つからないように現金化を行うことが出来ますし、現金もちゃんと振り込まれます。
手数料に関しては、どうしても発生してしまいますが、それに関してはきちんと説明があるはずです。
無かったとしても、質問すれば明確に答えてくれます。

可能な限り換金率が高く、すぐに現金化の対応をしてくれて、キャンペーンをもやっているような所が優良業者であれば、お得に現金化を行うことが出来ます。

自分の目的に合った業者を探してみて、信頼出来る所かどうか確認してみましょう。


もし、「手数料を取られたくない」「業者の選別が面倒」というのであれば、現金化業者を利用せずに自分で現金化を行うことも可能と言えば可能です。

ただ、最初にも書きましたように、カード会社に現金化が疑われる可能性が非常に高いです。
そのリスクを覚悟の上で、慎重に行っていくようにしましょう。

個人での現金化の方法も、やり方は『カードで買った商品を買取店に売る』というやり方です。

ただ、購入する商品には充分気をつけていかないと、カード会社に見つかってしまいます。
ですが、換金率が高くないと購入した時の出費が大きくなってしまって、必要な現金をつくるために支払い額も大きくなってしまいます。

基本的に、換金率が高い商品は商品券や金券、ブランド品と言われてはいますが、今はカード会社が目を光らせているので難しいと思います。
新幹線の回数券はよく使われた手法なので、今もカード会社からの確認の連絡が来るそうです。

それ以外だと、電子マネーを使うこともあるそうですよ。
例えば、カードでチャージが出来るSuicaで定期を購入して、その定期を払い戻しすると現金を作ることが出来ます。

あまり何度もやれば、怪しまれますが「引っ越しで利用出来なくなった」といったことで払い戻しをする人も中にはいるでしょうからね。


個人での現金化は、手間や時間が掛かることが多いですし、換金率の高い商品の管理も大変です。

確かに多少手間ですし、手数料を取られるというデメリットはありますが、現金化業者を利用した方が楽ですし、すぐに現金が作れると思いますよ。